コクヨで利用するレンタルオフィスは無駄なく使える

サイトマップ

トップバナー

コクヨのレンタルオフィス

時間

時間も細かく指定されている

「レンタルオフィス」、という名前の事務所で、通常はどういった形を想像するでしょうか。自分もそうなのですが、月単位で借りる事務所と言う印象だと思います。ですが、今は、短時間の時間貸しといったシステムもあり、時間も細かく指定されます。いえば、大手、事務用品メーカーのコクヨもレンタルオフィスがあるのです。

コクヨと聞けば、事務所で様々なコクヨ製品を目にします。誰でも聞いた事がある大手メーカーだと思います。自分がOLとして働いていた時も事務所の収納家具、机、事務用品は大体がコクヨだったのです。かなり安心し、しようが可能なメーカーであります。コクヨが運営した、デスカットといったレンタルオフィスが話題となっています。

リラックスしている人

無駄なく使用できる料金設定

それは、レンタルオフィスが15分単位で使用可能で、無駄なく使用できる料金設定なのです。こういったものは、会員制で、会員向けにあるビジネスレンタルスペースですが、初心者も借りれます。そして、ミーティングルームは個人席と異なり、30分単位での課金が必要です。会員になってれば、利用料金に割引が聞き、ビジターなら入会金がいりません。どっちも利用可能なのです。

今はモバイルで仕事をしている人を多く、良く見る時代ですよね。喫茶店やファミレス、ファーストフードでパソコンをもって言って、事務所代わりに仕事をする人も居ます。これは、ファミレスであればドリンクバーがあるので、何時間でもそこで仕事が可能でしょう。だけど、それは快適な空間ですか?

SOHO

SOHOイメージ

あなたは、SOHOと言った言葉を知って居ますか?主婦のみんなで、在宅ワークをやる人も多くいるようです。SOHOは、会社、自宅、更には個人事務所をネットワークでつないで、仕事場にするのです。ネットワークにより、自宅でも、会社にいるかのような仕事が可能なのです。更に、小さな事務所であっても事業を起こすことが可能なのです。

こういったことをSOHOと呼んでいます。SOHOだったら、経済的にコストダウンが可能なので、小さい規模で起業が可能です。SOHOは、レンタルオフィスを使う人が増加しているようです。SOHOといえば在宅ワーク、内職の延長上のような印象を持った人がいるとおもいますが、それは大きく異なります。主婦が、家事の合間、育児の合間に少しお小遣いを稼ごうと思うような在宅ワークではないです。

一定のケースであれば最低資本金制度が対応されない

ポイントSOHOは、大体の専門知識や技術があって、会社から独立し仕事を行っているという印象が正しいです。在宅ワークであっても、多方面で活躍する人は多く居ます。在宅ワークとSOHOは、これから、ここまでがSOHOで、ここからここが在宅ワーク、といった区分がないので、同様のイメージを持つ人が沢山います。

同様と受け取られますが、在宅ワークはやめる事が可能ですが、SOHOはそういう訳にはいかないのです、 責任でも異なった点があるでしょう。ですが、SOHOは、事業を作るにあたって、 有限会社として起業する人が沢山います。そういった人が事務所でレンタルオフィスを使っているのでしょう。 現在、有限会社は作れませんが、株式会社としても当面使うことに問題はありません。

レンタルオフィスでのコストカットの基礎知識