必ず契約する前には注意すべき事項を確認しなければなりません

サイトマップ

トップバナー

契約前の注意事項確認その2

チーム

ミーティングルームの利用状況を聞く

予約をとる事が出来ずに、ミーティングルームが使用できないといったトラブルを防ぐために、可能ならば、入居前の説明を受ける時に、ミーティングルームの利用状況を聞くことが大切です。更に、人がスタンバイしていない時、夜中か早朝は、応接室やミーティングルームが使えないと規定したレンタルオフィスもあるのです。

なので、共有スペースが何時から何時まで使えるのか、確認が大切です。同様に、入る時、出る時のセキュリティはどのようなシステムかの確認が必要です。24時間、スタッフが働いているレンタルオフィスはいいですが、そうじゃない時、共有スペースは鍵がかかっています入るときに使用する鍵は、セキュリティの面でも大切になります。

仕事する人

自分が必要のビジネスサポートが可能であるか

暗証番号を入力して入室するレンタルオフィスの時は、暗証番号が定期的に変えれられて居るのか、確認が必要です。更に、カード、鍵を忘れたといった非常事態の時、どういった対応が可能なのかも確認が必要でしょう。もしもの時に、落ち着いた対処が可能でしょう。

更に、レンタルオフィスを選択する時、自分が必要のビジネスサポートが可能であるか、チェックする必要があります。いう なら、経理業務、総務、自分のバックアップが可能な作業の代行サービスがあるか、更に、レンタ ルオフィス会社にサービスがない時、提携先があってどのくらいの費用で行ってもらえるか、確認が必要です。

注意事項の確認は必要

打ち合わせ

受付、電話代行、更に、荷物の受付、郵便物受け取り、専用郵便受けといった、自分が仕事をことでレンタルオフィスに代行を利用したい時、そういったサービスがあるのか確認することが大切になります。受けたいサービスが含まれていない事が入居後に発覚したと言う場合は出来れば避けましょう。更に、レンタルオフィス内で共有し、使用できるオフィス機器は、どういった物があるのかの確認が必要になります。

プリンター、ファクス、電話、LAN、根本的なものはどのレンタルオフィスにも完備してありますが、そういった場合でも事前に確認が必要です。更に、他に自分が必要な機材があるのか、使いやすいさも関係するので、確認するといいでしょう。

入居前に確認する事が退出の時の問題の削減に繋がる

ポイント更に、会議で他の機器を使用したい時、ホワイトボード、スクリーン、 プロジェクターといった物の貸し出しが可能なのか、料金はどれほどなのか確認が必要です。更に、入居時にどういった公的書類を持参する必要があるのか、保証金が必要か、敷金は必要か、保証人は必要か、登記は可能か、といった細かい事も確認が必要です。

更に、意外と忘れてしまうのは、退出時の事です。入居ばかり考え、レンタルオフィスの退出時は忘れてしまう人が多く居ます。 例を挙げれば、退出するの際に、原状回復に必要な費用の事も、先に質問してみてくだしあ。 更に、解約する時はどの程度前に行えばいいのか、といった、入居前に確認する事が退出の時の問題の削減に繋がります。

レンタルオフィスでのコストカットの基礎知識