低コストで借りられるレンタルオフィス情報のお役立ちサイト。レンタルオフィスでのコストカットの基礎知識

サイトマップ

トップバナー

レンタルオフィスで敷金、家賃を大幅カット

レンタルオフィスでコストカットする基礎知識をお持ちですか?この不況の並みに飲まれずに事業者が効率コストカットするためには、レンタルオフィスでのコストカットの基礎知識を知っておく必要があります。事業者は様々なコストカットで不況を乗り越えようとしていますが、レンタルオフィスの利用がコストカットに大きく貢献することを基礎知識としてしっかりもっておきましょう。

第一に、普通、事務所を借りるのに、必要な敷金などが何十万も必要ですが、レンタルオフィスであれば、初期費用が1万円位からと格安です。この点がまず、レンタルオフィスで大きくコストカットできる部分の基礎知識になります。

コストカット

家賃も大幅なコストカットが可能

更にレンタルオフィスでコストカットできる基礎知識として立地の良い場所でも格安で借りら れる点もあります。通常の事務所等で立地条件が良いと当然、家賃も高くなりま すよね。しかし、レンタルオフィスなら、立地が良い場所でも、安ければ2万円程度で 借りられ、家賃も大幅なコストカットが可能なのも基礎知識です。

負担イメージ

家賃はとても大きな負担

特に個人事業の人にとって、事務所を借りる時に必要な敷金、 家賃はとても大きな負担になります。それをレンタルオフィスを利用すれば 大幅にコストカットできるので、大変便利なのです。是非基礎知識として、おさえて おくと経費削減につながり役にたちますよ。

電気代、暖房費、冷房費、ガス代もカット可能

レンタルオフィスでコストカットできる基礎知識で、電気代、暖房費、冷房費、ガス代といった ものが全て料金にはいっている所もある、というのもあります。通常の事務所を借りれば 上記の費用も大きくなってしまいますよね。しかし、上記の費用をレンタルオフィスで 払う必要がなければ、これも大きなコストカットになる事も基礎知識として押さえておきましょう。

少し詳しくレンタルオフィスでどれ位先の経費をコストカットできるかみてみましょう。 例えば電気代が事務所なら、大体2万程度、暖房費や冷房費、ガス代まで入れると合計 4万程度かかりますよね。これをレンタルオフィスを使えば全てコストカットできる、という のも目安として基礎知識として知っておくとよいです。

喜ぶ女性イメージ

また、レンタルオフィスには、自分の机のみでなく、個室であれば、キャビネットや家具さえも始めからついていて、通常必要な物を買う必要がない、というのもレンタルオフィスで コストカットできる基礎知識です。当然、コピー機やFAX、プリンターなどもあります。 通常購入すべき物が全て揃っているというのはレンタルオフィスならではの コストカット法と言えるかもしれません。

ポイント こちらもどの程度レンタルオフィスでコストカットできるかというと、書類用のキャビネット が2万位、他に収納する必要のある家具代が3万円程度、コピー機やFAX、プリンターなど で3万円位として、合計9万円位レンタルオフィスを利用すればコストカットできるのです。 毎月職場を借りるのに必要な経費が9万円、というのは非常に大きいですよね。ヘタすると家賃位のコストが レンタルオフィスによって節約できるのです。都心などでは特にそうなのですが、このようなスタイルのほうが効率的に事業を行っていくことが できるのです。まともに賃貸していたら、年間かかるコストだけでも何百万と差がでてしまうのです。

レンタルオフィスの利便性

すぐに仕事が開始ができる

ポイントレンタルオフィスは即日入居可能なものも多く、普通の事務所を借りる時のように、 借りるまでの間の契約作業や審査時間、引越しにかかる時間が原因で、仕事が止まって収入も止まることがありません。この点でもレンタルオフィスを利用するとコストカット につながるということを基礎知識として知っておきましょう。 設備万全で即日入居、すぐに仕事が開始ができるのは、レンタルオフィスならではの特徴ですね。

希望のレンタルオフィスが即日入居できない場合でも都会であれば、数多くの レンタルオフィスがあるので、携帯などで検索すればすぐにみつかるはずです。 希望のレンタルオフィスが空くまで別のレンタルオフィスで即日から仕事をしてコストカットし、希望の場所があけばそこに移動して入居できる、という利便性も レンタルオフィスの基礎知識になります。

トラブルを会社設立の際に起こさないために

チェックする女性

レンタルオフィスを借りていない場合で取引や打ち合わせをレストランなどでする場合、 このような場所では打ち合わせ環境も十分でなく、更に食事の費用もかかりますよね。 しかし、レンタルオフィスなら、会議室だけを短時間格安で借りることができ、コストカットできるというのも基礎知識として知っておきたいところです。

詳しく言うと、レンタルオフィスの会議室は、ホワイトボードや必要道具は完備されていて、 ネット環境も万全ですので、複数台のパソコンを使った取引や打ち合わせもスムーズに 進んで時間短縮ができ、更に駅に近い所にレンタルオフィスは通常あり、移動時間も 短縮できるので、仕事を行う上で先の2点で時間短縮もでき、コストカットできるののです。 これもレンタルオフィスでのコストカットできる基礎知識の一つになります。このように、仕事を行う上で 本来事務所などで必要なもののコストカットや時間短縮ができる、というのはかなり大きなメリットなのです。

レンタルオフィスで人件費カット

更に、レンタルオフィスでコストカットできる基礎知識で、人件費が挙げられます。 通常であれば、人を一人雇うのに正社員なら、最低賃金が10万は必要ですね。 また、社会保険等の負担部分があるので、その点でも金銭的に負担がかかります。 しかし、レンタルオフィスを使えばこの部分も大きくコストカットできることを基礎知識 として知っておくと役にたちます。

ポイント どういうことかというと、レンタルオフィスでは、ビジネスのアシストで、 電話代行サービスや、秘書的業務代行を格安で提供してくれるサービスがあるのです。 秘書代行サービスでも賃貸料込みで月4万円程度、という所もあります。 このようにレンタルオフィスを使えば、人件費を通常雇用より半分以下に コストカットも可能だということを基礎知識として是非知っておきましょう。

必要な日や必要な月だけ依頼できるところも

メモ用紙

レンタルオフィスの上記のサービスは月額制でも十分人件費を コストカットできますが、レンタルオフィスによっては、必要な日や必要な月だけ 依頼できるところもあります。そのようなレンタルオフィスで あれば、必要な時だけ利用したサービス料ですむので、更に人件費をコストカット できます。これも基礎知識としてしっかり押さえておくべきポイントになります。このように自分に必要な時だけ 必要なサービスを利用して、コストカットできる、という大きな利点をもったレンタルオフィスの有用性は 測りしれませんよね。各社サービスや値段争いなどを行っているので、利用者からすれば、レンタルオフィスは これから更に有効なものになっていくことは間違いないでしょう。都心部などではかなりの数のレンタルオフィスがありますので、 周辺を検索して一番安いところを借りることもできます。

レンタルオフィスで最もコストカットができる人

レンタルオフィスなら大幅にコストカット

レンタルオフィスを活用して最もコストカットができる人はどのような人なのか基礎知識として知っておきましょう。ここまでの流れで、なんとなく答えが もうおわかりかもしれませんが、答えは一人で働く事業主になります。 それでは、その理由をまとめてみましょう。

冒頭でも少し述べましたが、自分一人のために敷金など何十万も払い事務所を 借りれば、費用が大きくなります。また月家賃もバカになりません。 レンタルオフィスを使えば、初期費用は1万円位、月家賃も安くて1万から2万位なので大幅にコストカットできるのが基礎知識でしたよね。

人件費をコストカットできる ポイント

またレンタルオフィスではプリンターや文房具、FAXなどなど、 必要機材も揃っているので、パソコンさえあれば、何も買う必要がなく、 ここでも大幅にコストカットできるのも基礎知識でした。 また必要な時に、レンタルオフィスの秘書サービスを利用することで、 人件費をコストカットできるという点もありますよね。

プリンターイメージ

上記の理由からレンタルオフィスを利用して一番コストカットができる人は 一人で働く事業主になるのです。もし今一人で事務所を借りて働いて いるのであれば、ぜひレンタルオフィスでコストカットすることをお薦め します!案外レンタルオフィスを利用している方が少ないので、知っておくと非常に便利になります。 特に一人で仕事をされていてパソコン関係の方のかたはレンタルオフィスは非常に有効的になっていますので、 ぜひ基礎知識としっておくと得をします。特に起業してまだ間もないころは経費を節約したいですよね。そんな時にも レンタルオフィスがコストカットに役立つのです。少人数であっても都会や開けたところであれば、レンタルオフィスを 使った方がお得な場合が多いですよ。

メリットとデメリットも押さえましょう

コストカットの代償としてあるデメリット

ポイント レンタルオフィスを使ってできるコストカットの基礎知識、メリットはご理解頂けたと思いますが、メリット がある分、デメリットもやはり存在します。レンタルオフィスを使用する上で、コストカットの代償としてあるデメリットもしっかり理解しておきましょう。
ここを押さえず、安易にレンタルオフィスを借りて後から後悔することになったり、不便を感じることもあるのです。何事もメリットがあれば、デメリット もあるのです。

まずプライバシーに関してです。レンタルオフィスでは他にも たくさんの人がいるので、話し声などが筒抜けになってしまう可能性が あるということです。聞かれたくない話しを関係のない人に聞かれてしまう かもしれない、という部分においてはデメリットと言えるでしょう。

急いでいる時でも順番をまたなければならないことも

OA機器

また、レンタルオフィスでOA機器等が揃っているのは、コストカットできる という点でメリットなのが基礎知識でしたが、基本的にこれらは共有なので、 自分が使いたい時にすぐ使えず、急いでいる時でも順番をまたなければ、 ならないこともある、というのもデメリットの基礎知識でしょう。

どんなことでもメリットがあれば、反対にデメリットもあるのです。レンタルオフィスに貸しても同様になります。 自分だけのオフィスではないのですから、多少の不便はメリットと引き換えに覚悟しておく必要があるのです。他のデメリットを挙げるとレンタルオフィスにある必要機材は固定されているので、自分の作業をしやすい配置に変えられない、というの もデメリットの一つにです。このように、レンタルオフィスはコストカットの面でとても 優れていますが、このようなデメリットもあるということを基礎知識として 覚えておき、レンタルオフィスを最大限に活用して頂けると幸いです。 デメリットの部分で不安がある方は、実際にレンタルオフィスに行ってみて、 確認してみるとよいでしょう。実際に使う前に細かい部分を確認して、自分が使っている姿をよく想像してみて、経費の部分が 実際に削減されるかどうかをしっかり確認しましょう。レンタルする前に実際に行ってみると思ったより、具体的にわかる部分が 多いですよ。